犬用車椅子・犬用介護用品ならドッグラン再び

犬用の車椅子(犬用歩行器)で椎間板ヘルニアや股関節形成不全など、交通事故や老犬が原因で歩行障害がある愛犬が元気に走り回ります

犬用・猫用の車イスの価格や特徴を知りたい方、中古の車椅子を探している方はお気軽にお問い合わせください。

TOPページへ
TOPページへ
お知らせ一覧
店長ブログ
利用者の声
メルマガ申込
よくある質問
お問い合わせ
定休日

胴体補助ハーネスM

戻る

【胴体補助ハーネスM 14,040円】を 個 
商品コード kaigo0502 
商品分類 B.歩行補助 > ハーネス
販売価格 14,040円 / (単位:1個)
大分類 B.歩行補助
小分類 ハーネス
注文区分 既製品
色・サイズ 胸周り60〜80cm 
材料・材質
投稿 投稿する 
お気に入り お気に入り商品に登録
商品特徴
介護用胴体用歩行補助ハーネス サイズM(胸周り60〜80cm 幅25cm用) この介護用胴体用歩行補助ハーネスは脚の機能が低下した犬の機能回復のため訓練用に米国の専門の獣医看護師の長年の経験に基づき設計され、それを基に製作されています。 一般の同様のハーネスと違い介護専門のハイレベルのハーネスです。手・タオルで犬を持ち上げますと犬の背骨に致命的な負担をかけることになります。吊ベルトがありますと下半身を吊り上げて散歩が出来、犬を清潔に介護出来ます。

バックルで簡単に取り付け出来、マジックテープで腹部周りに合わせて調節が可能になっております。皮膚ずれの起こらない犬に負担をかけない最適の材質の布地が使用されています。

前脚・片脚・後脚ベルトもあります。 下半身の体形がくずれている場合は、胴体補助歩行ハーネスをお勧めします。犬に負担がかからないように綿毛布を使っています。

男の子、女の子両方に使え装着したまま排尿・排便が可能です。
※但し、個々の体型や病状により男の子の場合オチンチンがハーネスの外に出ない場合があります。その際は少しハーネスを折り曲げてご使用ください。(縫い付けておくと便利です。)
※適正サイズに迷われた場合は伸縮性のある生地を使用していますので小さいほうのサイズをお選び下さい。

障害に応じた特殊ベルトも製作可能です。
不明な点がございましたらお問い合わせください。

飼い主様の体格とワンちゃんの大きさで持ち手が短い時があります。
その場合はベルト・紐などを持ち手に継ぎ足してください。
例:飼い主様が身長175cmで犬がダックスの場合など…

※商品の性質・衛生面も含め、「開封後」は不良品以外の返品およびサイズ交換は、使用・未使用に関わらず一切受付できません。
必ず採寸をして表示サイズでご確認下さい。

※サイズについて
胴体ハーネスは筒状にして使用するため、C:胸周り・ A:胴周りが共に表示内に入っているサイズをお選びください。
尚、後ろ脚が弱くなるとおしりの筋肉が落ち、胴回りがかなり痩せてしまいます。必ず採寸をしてサイズをお選びください。
胸回りより胴回りが小さい場合は、胴回りへタオルを挟んだり、縫ってご使用いただくことをお勧めします。
採寸に関しまして、ご不明な点は、お手数をかけますが、必ずお問い合わせいただけますようお願いいたします。

S
M
ML
L
XL
C:胸周り(cm)
51.0〜65.0
60.0〜80.0
70.0〜91.0
82.0〜105.0
94.0〜123.0
持ち手の長さ
(cm)
53.0
38.0
30.5
30.5
30.5
E:幅(cm)
23
25
34
37
41
表面
裏面  

戻る